コールセンターで応用できる

コールセンターで応用できる

コールセンターで応用できる sms配信は、コールセンターでも活用されています。
電話で問い合わせを受けた顧客に対し、コールセンターの担当者がsms配信を活用して返信を行うなど、電話対応業務の多くでsmsの利用は進んでいる状況です。
繁忙期やキャンペーンの時期などで、問い合わせの電話が急激に増えてしまうと、オペレーターの対応が間に合わなく、商談の機会を逸してしまうことに繋がるものです。
問い合わせが来たにも関わらず、受話業務を行えなかった顧客に対しては、表示された番号へのsms配信により対応することが可能になるのです。
オペレーターが電話口で問い合わせするのと同様な形でアンケートを行うことも、sms配信を利用すれば可能になります。
アンケートサイトへの誘導URLをsmsに添付すれば、電話番号しか分からない相手であっても問い合わせが可能になるからです。
オペレーター不足で取りこぼしがちな受電業務も、smsを利用することで成約に導けるのです。

sms配信は連携を活用するのが効果的です

sms配信は連携を活用するのが効果的です sms配信では変更されやすいメールアドレスではなくほぼ変更することのない電話番号を基にしてサービス提供とするので、メーリングリストの開封率が非常に高いのが特徴です。
自社のビジネスチャンスに適したサービスとして注目されている分野なのです。
一般的にsms配信を行う場合はその一連の対応に対する付加価値を踏まえた上で利用するのがベストであり、ただ配信するだけでなく傾向や対策を講じて次工程で実践するのが望ましいのです。


付加価値の適用としてもっとも効果的なのは、パソコンを活用したSMSとの連携が挙げられます。
スマートフォンからの配信上限が一日200件なのに対して、パソコンを連携させて一斉送信とすることで担当者のワークロードを軽減させられるのは大きな魅力です。
またsms配信後の各種調査では、開封率や商材利用する年齢層や性別などのデータをパソコンで一元管理することができます。
このようにsms配信後のデータ分析・調査を行うことで、より確かな要求頻度や対応方法を再検討することが出来ます。

新着情報

◎2021/3/18

sms配信を導入時の費用
の情報を更新しました。

◎2021/1/18

利用することがおすすめな理由
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

サービスに必要な料金
の情報を更新しました。

◎2020/9/8

本人認証に使える
の情報を更新しました。

◎2020/6/8

コールセンターで応用できる
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「配信 コールセンター」
に関連するツイート
Twitter